TOP

風俗遊びは日頃の自分へのご褒美!そんな僕の風俗体験談をご覧下さい。

ベッドの上では関係なし!

自分自身、モテるタイプではありません。口下手だし、コミュニケーション能力だって高いとは言えません。そんな自分ではあるんですけど、それでも風俗であれば自分の男としてのスペック関係なしに楽しめるとあって結構お世話になっています。それに、顔、経済力とか社会的な地位にコミュニケーション力といった男としてのスペックなんかよりも、ベッドの上で問われるのは快感を目指す姿勢ですよね(笑)それこそが何よりも求められてくると思いますので、自分としてもあれこれ考えず、相手をしてくれる女の子との時間に集中することが出来るので助かっています。むしろ自分の場合、風俗以外で女の子と遊ぶようなシチュエーションそのものがないだけに、風俗では真剣勝負そのものです。攻めるにせよ攻められるにせよ、風俗での時間は一生懸命過ごす。それこそが自分のモットーであり、風俗が楽しいものだと感じられる何よりの理由になっているんじゃないかなって思いますよ。

物は試しと言いますが…

どの風俗も満遍なく利用していますかね。割と会社から風俗街が近いんです。だからその日の気分に合わせていろいろと楽しんでいるんですけど、その中でも唯一と言ってよいでしょう。性感マッサージに関してはあまり利用したことがありませんでした。性感マッサージが嫌いとかではなく、単純に性感マッサージ店が奥にあるんですよ(笑)だから風俗街まで出向いて「どのお店にしようかな」って考えていると、性感マッサージのお店にたどり着く前に決まっちゃうパターンなんです。でもこれだと延々と性感マッサージにはたどり着けないですし、やっぱり好奇心もあるじゃないですか。どんなものなんだろうって好奇心があったのでとりあえず性感マッサージに行ってきたんですけど、自分の想像していた快感よりもかなり高い快感をもたらしてくれたんじゃないかなって思っています。気持ち良かったのもそうですけど、こちらがお客としてもてなしてくれているなって気持ちが良かったです。